DXコンサルティング

DX関連システム開発

DX関連システム開発​

DX促進に内製化の遅れ

経済産業省の「DXレポート」では、アジャイル開発を推進し、意思決定のスピードを早めるべきであると記載されています。 日本では外部ベンダーと要件定義から請負契約を締結するケースが多く、ITエンジニアの7割以上がベンダーに依存しています。 各企業が内製化を決定しても人材をはじめとするリソースが不足しています。特にアジャイル開発を推進する企業は、 自社のコミットメントが重要となるため、ベンダーと共同で開発する場合、ベンダーの役割としてはアジャイルの コンサルティングや導入支援が求められます。 また、サプライチェーンの変化により日本企業の東南アジア進出は今後も増加し、日本国内のみならず、 東南アジア現地法人でのI T導入に関する課題も増加傾向になると考えています。 経産省 DXレポート「ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開」: https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html ラモ・テクノロジーでは、以下の開発サービスをご支援しています。
  • WEBサイト開発
  • ローコードオープンソースプラットフォーム「Pleasanter」の導入支援、開発
  • ECサイト開発
  • スマホアプリ開発
  • WEBマーケティング
  • デジタルマーケティング

顧客

Scroll To Top